知っておきたいフラット35

top

住宅ローンフラット35で気をつけたいこと

最近では、住宅ローンを組む際にフラット35を利用する人が増えてきました。住宅を購入するほとんどの人がフラット35をりようするのではないか?という位大人気なのです。

フラット35は購入する住宅の耐震性、耐火性、そして省エネルギー性の基準を満たした住宅で適用されます。すなわち、フラット35の基準を満たした住宅はそれだけで安心して生活出来る空間である、という事です。今の世の中耐震性と耐火性、そして省エネルギー性を重視する、ということは大事な事ですよね。

しかし、このフラット35の注意点ですが、フラット35とはそもそも35年間固定金利での住宅ローン返済になります。その為、35年間固定金利での返済になるため、現在よりも金利が安くなった場合に、変えることができません。そして金利の確定は実際に借入したときとなります。フラット35の金利は毎月確定しますから、申し込みをして、実際に借入をしたのは次の月だという場合に、申し込みをした時よりも金利が高くなる場合があります。

その為、そこだけ注意をしてよく検討をしておいた方がよさそうです。そして、団体信用保険は別途加入する必要がありますから、フラット35を利用する人は団体信用保険をまた別に申し込みをして住宅ローンを組まなければいけません。

Copyright (C) 新生銀行住宅ローンとフラット35はどっちがいい? All Rights Reserved